接客スタッフ

VOL.012

2014.09.22(Mon)up!

うおまん 西梅田本店 店長 田中智行さん
前職はホテルのフレンチのホールスタッフ。平成20年7月にうおまん株式会社に入社。外食営業部喫茶部門を経て、うおまん西梅田本店店長となる。趣味は学生時代から続いている食べ歩き。最近のおススメは『天の幸 山の幸』の宮崎牛と野菜。休日は旨い料理と好きなビールをこよなく味わう。挑戦したいことは、いま以上に顧客を増やすこと。産地直送の新鮮魚介や野菜を、1人でも多くの人に味わってもらおうと奮闘中。

四季折々の味で 心豊かにおもてなし。

人と話すのが好きで、人を笑顔にする仕事を
したいと思っていた田中さん。
縁あってマネージャーと出会い入社を決める。
人を大切にする職場、人思いの社風にふれ、
働く楽しさをあらためて知る。
しごとを通して感じたコト、学んだコト、
いまだからわかるはたらく気持ちを伺った。

やさしさから生まれる サービスで感動を。

人へのやさしさが サービスの基本。

一流ホテルでフレンチのホールスタッフを務めていた田中智行さん。体調を崩し退職するが、復帰を考えたとき、やはりサービス業に就きたいという思いにいたる。そうして出会ったのがうおまん株式会社だった。
「最初は体を慣らすぐらいの、軽い気持ちで始めました。でも、いつの間にか仕事にのめり込んでいました」 笑顔で語る田中さんはサービス業ひと筋。いま、仕事を心から楽しんでいる。そのきっかけをつくったのはある上司の存在だ。
「最初に所属していた喫茶部門のマネージャーから仕事を楽しくする方法を学びました。楽しいことも、つらいことも、仕事に対する責任も、笑顔で教えてくれました。間違えたときも笑顔で(笑)。なぜ間違えたのかを納得できるように説明してくれました」 その指導方法には人へのやさしさが詰まっている。田中さんは、教えを受けるたびに、仕事への興味が高まっていった。
「気がつけば自ら行動するようになっていました。様々な仕事に対して、自分が責任をとらなければならないという姿勢も身につきました」
 喫茶部門のホールスタッフから同部門の店長を経て、うおまん西梅田本店店長へとキャリアアップ。現在、田中さんは教育する側だ。
「約20名のアルバイトスタッフがいますが、学生、フリーター、主婦と立場はいろいろ、考え方もいろいろ。難しいのは、サービス業では当たり前のことを、彼らに当たり前だと話しても通用しないということです」
 教える難しさ、伝える大切さを痛感しているという田中さん、どういうふうに育成しているのだろうか。
「お客様の前では、アルバイトも正社員も関係ありません。お客様に楽しく食事をしていただき、最高の時間を過ごしていただくことが私達の目標。達成するために必要なのは、お客様がどう思っているかを考える心、この内面の姿勢を教えています」
 一人ひとりが納得できるように指導する田中さんも、もちろん笑顔。連絡ノートをつくり、料理や素材の知識など情報共有もしている。
「お客様に接するように、スタッフにも接する。基本はやさしさです。やさしい人でないとサービス業は務まらないと考えています」

ここならではの 感動を届ける。

「入社したとき、お客様がこんなに身近に感じられることに驚きました」
 こう振り返る田中さんは、ホテルとは違う飲食店ならではの接客を初めて経験する。
「それまではお客様とは一線を引き、作法や流儀を重んじるサービスを守っていました。でも、ここではそれはあくまでベース。自分の個性を出すことで、お客様により喜んでいただけます」
 おもてなしの心と共に提供するのは四季折々の日本料理。田中さんにとっては和の料理に触れるのもここが初めて。
「お料理をお出ししたときに、ご説明させていただき、ときには素材そのものをお見せすることもあります。料理からは想像できない素材を見て、お客様と共に驚いたり、発見したり、それも楽しみの一つです」
 一つひとつのおもてなしが、感動あるサービスへと繋がる。やりがいを感じるとき、そこにもお客様の笑顔がある。
「『店長、おいしかったわ』『また来るよ』といっていただいたり、『田中店長』と呼んでいただいたりすると、最高にうれしいですね。数多くのお店の中から当店を選んで来ていただくわけですから、期待以上のサービスでお応えしたいと考えています」
 そんな田中さんの描く将来像は。
「自分の体力が続く限り店長をしていたいですね。お客様から離れたら考えが変わってしまいます。このままずっと笑顔の絶えない仕事を、創り出していけたらいいですね」

しごとのツボ

Q. 仕事で大切にしていることは?
A.体調管理。体調がすぐれないといい笑顔も、いいアイデアも出ない。その状態でお客様の前に立つのは失礼なこと。きっちり食べて、きっちり寝て、仕事の前日は飲みすぎないことを心がける。
Q.この仕事の醍醐味は?
A.「おいしかったわ」「また来るよ」とお客様から喜びの言葉をいただくとき。また、名前で呼んでいただくとき。期待以上のサービスを提供できたことを実感し、喜んでいただいたことに感動!
Q.プロフェッショナルな技は?
A.お客様に対しても、スタッフに対しても、笑顔で接すること。基本は人へのやさしさ。やさしい人でないとサービス業は務まらない。
取材者からひと言
西梅田のサンケイビル「ブリーゼブリーゼ」6Fにあるうおまん西梅田本店は今年で5周年。採光を取り入れた本格パーティールームや趣のある個室があり、お店に入るとテンションがあがりますよ。お店を切り盛りする田中店長はいつもにこやか。品格あるお店を明るい雰囲気にしています。スタッフもとても気さくで、働く楽しさが伝わってくる職場です。
会社プロフィール:うおまん株式会社
割烹・居酒屋・寿し・イタリアン・カフェ・ワインサロンなど直営レストラン23業態41店舗を展開し、外食業界のリーディングカンパニーを目指して食の限りない可能性を追求している。

AiDEM 公式WebマガジンTOPへ戻る

取材・撮影日=2013年9月4日



ページトップへ戻る