店舗スタッフ

VOL.033

2015.07.13(Mon)up!

バケット イオンモール京都桂川店 山根沙耶さん
高校生だった2010年7月、京都・五条のバケット(当時)でアルバイトをはじめる。2014年9月、イオンモール京都桂川店へオープニングスタッフとして異動。調理の専門学校に通った経験を生かし、キッチンとホールで幅広く活躍する。夢は、自分のカフェをオープンすること。2年後のフランス留学へ向け、語学とチーズやワインの専門知識を勉強中。休みの日は家でゆっくり映画を観たり、料理をして過ごす。食パンやクロワッサンも自家製とか。子どもの頃になりたかった職業は、パン屋さんと調理師。

焼き立てのパンを温かいサービスとともに。

京都らしさが散りばめられた大型ショッピングモールのレストラン街。
行列のできる人気ベーカリーレストランで働く山根沙耶さんは、キッチン・
ホール・ベーカリーとオールマイティーに仕事をこなすアルバイトリーダーだ。
ものごころついた頃から志した料理の道で奮闘する山根さんに、
しごとを通して感じたコト、学んだコト、
いまだからわかるはたらく気持ちを伺った。

お客さまの満足はスタッフ全員でつくる。

大好きな料理を一生の仕事に。

焼き立てパンの食べ放題付メニューが好評のベーカリーレストラン、バケット。平日も女性客を中心に込みあう人気店で、山根沙耶さんはバイトリーダーとして活躍している。
「学校に近かったのがきっかけで、高校生のときにはじめました。この7月で丸5年になります」
初めてのアルバイトは中華料理のチェーン店。定食屋に、ここバケットと、学生時代から一貫して飲食のアルバイトを中心にしてきた。それには、こんな理由がある。
「私が生まれる前ですが父がカフェを経営していて、ハンバーグは中に入れるパン粉から手づくりするなどこだわり派の料理上手なんです。誕生日には父の料理が食べられるのが楽しみで…。だから小さい頃から料理に興味があって、小学校のときにはもう調理師になりたいと言っていましたね」
高校卒業後は調理の専門学校に進み、フランス料理を専攻。ある事情から中退するも、貴重な1年だったと振り返る。
「学費のためにバイトを掛け持ちしていたんですが、朝5時から10時まで定食屋で、ランチタイムはバケットで働いて、学校に行くと眠くて…しんどいし意味ないなと(笑)。辞める決断は大きかったですが、人脈がつくれましたし、今は将来の目標への通過点だったと思っています」
「料理の腕を磨いて自分のお店を持ちたい」。常に山根さんの胸を占めるのは、揺るぎない夢への思いだ。
「今はここが働きやすくて落ち着いてしまっていますが(笑)、2年後にフランスへ留学すると決めています」

リーダーの経験が将来の夢を後押し。

パンの成形から焼き上げまで、得意とするキッチンでの調理にホールでの接客と、何でもこなす山根さん。だが、今の店舗へ異動してきた当初は戸惑いもあったという。
「オープニングで新しい店舗と人にワクワクして異動してきましたが、私ともう1人の教育担当でイチから新人を教えたので、研修期間とオープン直後は大変でした。以前いた五条の店舗はセルフサービスでしたが、ここはフルサービス。イオンモールさんの京都らしい落ち着いた雰囲気に合わせた、ちょっと高級なコンセプトのお店です。お冷やパンを提供しながら常にお店全体に気を配り、忙しいときも同じサービスができなければいけません。やっぱりバイトの子たちみんながお店を見られたらいつも同じサービスができると思うので、教育が大切だと感じます」
そんな思いから、先頭に立って後輩の指導やシフト管理を行うアルバイトリーダーを引き受けた。
「実は2年程前からバイトリーダーの話はあったんですが、責任ある立場への気後れがあって先延ばしにしてしまっていました。でも、リーダーになることで学生バイトたちから頼ってもらいやすくなると気づいて。私も『見本なんやからちゃんとせな』って気が引き締まったので、今はなって良かったと思います」
時間帯によっては店舗責任者としての顔も持つ山根さんは、ここで多くのことを学んだとほほ笑む。
「まだまだですが、多少の言葉づかいやお客さま対応の心得は身についたかなと思います。逆に、私は責任者が向いていないかもということも分かってきて…ずっと集中しているのが難しいんです(笑)。でも、経営者になったらこれ以上のことをしなければいけないんだなってすごく勉強になります」
客からの高い期待に応え続ける大型チェーン店での経験が、夢の実現を近づけている。
「ほかの店舗ですばらしい接客を受け、ここに来て『やっぱり良かった』とバケット全体への評価が上がるとうれしいですね。お客さまに満足していただくことが第一です。ここでの経験を生かして、ゆくゆくは気軽に来られるカフェをオープンしたいです!」

お役立ちツール

「ここはフルサービスの店舗なので、パンをサーブするときに使うトングは欠かせません。焼き立てのパンは本当にフワフワ!力を入れ過ぎず、でも落とさないようにつかむのはけっこう難しいんです。今は慣れましたが、お客さまの目の前で提供するので最初はすごく緊張しましたね。」

取材者からひと言
制服に身を包み髪を束ねると、インタビュー前のかわいらしい21歳の顔が一変。凛々しい姿のアルバイトリーダーは、「常に同じサービスを提供し、お客さまに気持ちよく帰っていただきたい」とキラキラした笑顔で話してくれました。曰く「長くいすぎてしまう居心地のいい職場」だからこそ、自身の夢へのパワーも沸いてくるのだと感じました。
会社プロフィール:株式会社バケット
岡山県岡山市に本社を置き、多彩な飲食事業を展開するサンマルクホールディングスのグループ企業。店舗でつくる焼き立てパンが味わえるベーカリーレストラン「バケット」「BISTRO309」を全国に展開している。 http://www.saint-marc-hd.com/baqet

AiDEM 公式WebマガジンTOPへ戻る

取材・撮影日=2015年6月16日



ページトップへ戻る