販売スタッフ

VOL.42

2015.10.05(Mon)up!

穀物日和 学園都市駅店 草柳朱里さん
神戸市内にある大学へ通い、国家資格である社会福祉士の資格取得を目指す大学3年生。2013年3月より、パンの香ばしい匂いにかこまれて働きたいと思い、株式会社カスカードへ入社し、穀物日和学園都市駅店でアルバイトをはじめる。現在は販売や接客業務を中心に担当し、後輩の指導にも関わっている。休日は、三宮や梅田へ出かけてショッピングを楽しむことが多い。子どもの頃になりたかった職業は、保育士。

おいしいパンに 笑顔を添えて届ける。

高校3年生の春休み、神戸市西区にある穀物日和で、アルバイトをはじめた草柳さん。
カフェスペースを併設し、幅広い世代に親しまれる人気のパン屋が彼女の選んだ職場だ。
パンの販売や接客業務を通して、社会人として必要なマナーやスキルを磨いている。
しごとを通して感じたコト、学んだコト、いまだからわかるはたらく気持ちを伺った。

お客様のために、 接客スキルを磨く。

苦手を克服するために トレーニングを重ねる

高校3年生の春休み。受験も終わって、アルバイトをはじめた草柳朱里さん。彼女が職場に選んだのは、地元でも人気のパン屋だ。
「穀物日和は、家族も大好きなパン屋です。私のお気に入りは、明太子バケット。高校生の時、母が買ってきてくれたパンを朝食に食べるのがすごく楽しみでした。進路が決まって、お店でアルバイト募集の貼り紙を見かけたとき、大好きなパンを届けたい!と思って、すぐ応募しました」
 草柳さんが働く穀物日和学園都市駅前店は、学校帰りの学生や主婦の方をはじめ、子どもからお年寄りまで幅広い世代に愛されている。
「色んな種類のパンを扱っているので、何度も訪れていただくお客様も多いです。カフェスペースもあるから、ゆっくりとくつろいでいただけます。パンの販売だけではなく、カフェの仕事も経験できるのがいいですね」
今では迅速・確実にレジ業務をする草柳さんだが、入社した頃に苦労したことがあるという。
「実は、レジ業務が暗算なんです。計算するのが苦手で、正直、苦労しました。最初は電卓で何度も確認したり、家族に計算問題を出してもらったり、スマホのアプリで練習したりしました。お客様のためにがんばりたい!という気持ちが強くて。車のナンバープレートを見つけたら計算することもあって(笑)。今ではスラスラと計算できるようになって、プチ自慢できる特技になりました」
ホール業務を中心に、さまざまな業務を担当する草柳さん。ここで働くやりがいとは何だろう。
「ここでは、常連のお客様と接することも多くて、世間話をすることもしばしば。普段の生活では関わることのない方との出会いがあって、あきることなく続けられます。自然とコミュニケーション力も磨かれていき、自分の成長を実感しています」

さまざまな経験を 将来につなげたい。

アルバイトをはじめて、3年目を迎えた草柳さん。今では先輩として、後輩の指導も担当している。
「職場には、芸術系の大学や外大など、自分とは違う大学に通うスタッフも多くて。アルバイトを通して、かけがえのない仲間と出会うことができました。後輩もたくさんでき、教える立場になって、人によってとらえ方はさまざまだと実感。レジの暗算の仕方やドリンクの作り方、コミュニケーションの取り方など、未経験で不安だった頃の気持ちを思い出して、わかりやすく伝えることを心がけています。今後は、先輩から学んだ仕事の優先順位の付け方や、目の前の仕事だけではなく、全体を見ながら進めることの大切さも伝えていきたいです」
そんな草柳さんの目標は、国家資格である社会福祉士の取得だ。
「高校生の時、介護が必要になった祖母から社会福祉士の仕事について教えてもらいました。祖母自身が施設の方と関わる機会があって。施設とご利用者の懸け橋となり、福祉を支える仕事に惹かれました。資格を取得するために、日々勉強中です」
今年の6月に施設で実習を受けた草柳さん。秋には2度目となる実習を控えている。実習先でアルバイトの経験が活かされた実感があるという。
「実習先は、児童養護施設。施設の子どもは、身寄りのない子がほとんど。職場では、お子様連れのお客様も多くて、子どもの接客を経験していたので、自然と話しかけることができました。でも、声をかけても、なかなか反応がなくて戸惑いました。何度も声をかけて、お店で接客をするように子どもの目線に合わせて話しかけ、あきらめずに接し続けて、心を開いてくれたときはうれしかったです。大学卒業までにさまざまな経験を積んで、ここで得たことを将来の仕事に活かしていきたいですね」

お役立ちツール

「当店のモットーは、お客様を待たせないこと。レジの会計は、すべてスタッフによる暗算でスピーディに計算しています。そのため、暗算の練習にスタッフが使っているのがスキルチェックシート。何度もトレーニングして、ササッと計算ができるようになると、大きな達成感がありますよ」

取材者からひと言
「在学中に資格を取得して、社会福祉士になることが目標です」と話してくれた、大学3年生の草柳さん。その瞳は、とてもキラキラと輝いていました。「アルバイトで学んだことを就職活動にも活かしたいです」と語る彼女。将来への夢が、ここでおいしいパンと一緒に、どんどんふくらんでいくのだと実感しました。
会社プロフィール:株式会社カスカード
昭和36年創業。兵庫県西宮市に本社があり、神戸・大阪・京都に「CASCADE」、「ハウネベーヤー」、「あんぱんや」、「五穀七福」、「穀物日和」を展開中。「パンをお客様の毎日の食卓に」を企業スローガンに掲げている。
http://www.cascade-kobe.co.jp/

AiDEM 公式WebマガジンTOPへ戻る

取材・撮影日=2015年8月17日



ページトップへ戻る