ホールスタッフ

VOL.063

2016.08.15(Mon)up!

カレーハウスCoCo壱番屋 草津野路店 吉田 りかさん
滋賀県出身。京都府内にある大学に通っている20歳の大学生。大学は理系の学部で、日々、生命現象の研究などに取り組んでいる。2014年5月より、株式会社アドバンスの展開するカレーハウスCoCo壱番屋の草津野路店でアルバイトを始める。趣味は音楽鑑賞で、好きなアーティストは『back number』。卒業前に海外旅行に行くのが目標。子どもの頃になりたかった夢は、保育士。

美味しいカレーを、確かな接客で届ける。

大学1年生の春、カレーハウスCoCo壱番屋で、アルバイトを始めた吉田さん。
彼女が働く草津野路店は、若者からファミリーまで幅広い世代の人で賑わう人気店だ。
ここでホール業務を中心に、美味しいカレーをたくさんのお客様に届けている。
しごとを通して感じたコト、学んだコト、いまだからわかるはたらく気持ちを伺った。

未来につながるここだけの経験を。

ドキドキの初バイトがワクワクの体験に。

大学1年生の5月、吉田りかさんは、草津市の国道1号線沿いにあるカレーハウスCoCo壱番屋で働き始めた。アルバイト選びで、重要視したことは?
「学校帰りに働ける場所を探していて、まずは立地が自宅に近くてピッタリでした。それと、やっぱり、大学生になったし、せっかく働くなら自分が成長できるところがいいなぁと思い、接客業を選びました。いろんな方と関わることで、コミュニケーション力をもっと磨きたいと思ったんです」
カレーハウスCoCo壱番屋を選んだのは、ここが初バイトだったという吉田さんらしい理由がある。
「人と接するのが苦手で、最初は不安も大きかった。そこで、チェーン店であるカレーハウスCoCo壱番屋なら、マニュアルもしっかりとしていそうなイメージがあって。入ってみると、やっぱりその通りだった! 慣れるまでは大変でしたが、今は自信を持って接客できているという手ごたえを感じています」
ニコニコ・キビキビ・ハキハキが壱番屋の接客モットー。彼女は、そのサービスの心得を先輩たちから少しずつ学んでいった。
「挨拶や身だしなみに加えて、お客様目線のサービスについて教えていただき、日々、自分の成長を実感しています。例えば、効率よく仕事を進めることは必要ですが、その慌ただしさがお客様に伝わらないように。バックヤードではキビキビ、お客様の前ではニコニコを心掛けています」
ここで働き始めて、接客の醍醐味を発見した彼女。お客様が帰った後、無性にワクワクしちゃうそうだ。
「初対面の方でもハキハキとした対応ができるようになりました。ある時、お客様のアンケートで、印象の良かったスタッフ名に、自分の名前が書いてあって! おもてなしの気持ちって相手にちゃんと伝わるんだと実感。以来、アンケートを見るのが楽しみです」

自分の壁と向き合い、得られる成長がある。

イキイキと働く吉田さんにも、ときにはピリッと辛いカレーのような経験もある。それが、自分自身の接客を見つめ直すきっかけになったとか。
「雨の日、傘をお持ちのお客様が来店されて、傘立てがあると伝えると、『傘がなくなったら困るから』と言われてハッとしました。お客様の目線になって、まだまだサービスが提供できていないと痛感しましたね」
ここで挫けず、彼女は自分なりにより良いサービスを追い求める。
「プライベートで友達と遊びに行ったとき、お店などで接客しているスタッフを見ると、ついつい観察するようになりました(笑)。客観的に他人のサービスを分析することで、自分の接客を冷静に見直し、いいところがあれば、どんどん取り入れています!」
理系の学部に通っている彼女は、大学3年生になり、これからは研究室で実験を繰り返す日々が待っている。アルバイトの経験は、一生忘れられない思い出になりそうだ。
「職場では、人生経験の豊かな先輩や同年代の仲間との出会いがあります。大学のキャンパスが近くにあることもあり、他大学の学生とアルバイトを通して仲良くなれたのも良かった!」
アルバイト先に、相談できる人がいる。これほど心強いことはない。
「年齢の近い先輩だと、何かと相談しやすくて。実は、就職活動の相談をすることも多いんです。今年の夏休みは、先輩のアドバイスを参考に、できる限りいろんな会社のインターンシップに参加したいと考えています」
人見知りだったとは思えないほど成長した彼女に、今後の目標を聞いた。
「今は大学院に進学するか、就職するか、まだ迷っています。でもここでのバイト経験は、必ず将来に活かせるはず。まずは就職活動に向かって、前向きに取り組んでいきたいと思います!」

お役立ちツール

「接客業は、身だしなみも大切!私の場合、学校帰りに働いているので、メイク直しをしてからホールへGO♪化粧ポーチは欠かせないですね。ノートとペンは、接客用語を覚えるのに使います。先輩に教えていただいたことをしっかりとマスターできるように、これからも頑張りたいです!」

取材者からひと言
カレーのようなアツい想いで働く吉田さん。「ここではキャンパスでは出会えない、いろんな人と関わることができて、いっぱい成長できました!」とのこと。そんな彼女は、緊張しながらも、撮影ではスマイル全開!ここだけにしかないとびきりの笑顔を見せてくれました。アルバイトの経験が成長につながるんだと実感できた取材でした。
会社プロフィール:株式会社アドバンス
本社は滋賀県長浜市。滋賀県でカレーハウスCoCo壱番屋のフランチャイズを12店舗展開している。地元の鹿肉を使った天然鹿カレーなど、テレビや雑誌にも取り上げられるオリジナルメニューも人気を集めている。http://group-adv.com/

AiDEM 公式WebマガジンTOPへ戻る

取材・撮影日=2016年6月27日



ページトップへ戻る